2010年05月一覧

戦時中の報道の自由

戦前の報道の自由に関してですが、1937年7月の蘆溝橋事件をきっかけに、「新聞紙法」第二七条が相ついで発動されました。 この法律は、軍事・外交関係の記事はあらかじめ陸軍・海軍・外務各大臣の許可をえたものしか掲載できないというものです。新聞記事は細...

撤回しろ、バカヤロ 普天間問題

平野官房長官、沖縄・仲井真県知事と会談 * これまでの案で、それぞれの長短と言われているものを比較してみます。 ■現行案(辺野古沿岸案) <プラス面> ・普天間飛行場ほか7施設を返還 <マイナス面> ・県民世論の反対 ・環境破壊...

消費税UPを語る前に聞いてほしい話 伊藤千尋さん講演要旨

「必要ならば政治家は消費税アップをためらうな」 「国民におもねるな」 よく聞く意見です。まあまあ、そういう前に、以下のお話を聞いてから考えて欲しいなというのが、本日の主旨です。国際ジャーナリスト伊藤千尋さんの講演記録です。 税金の話にたど...

普天間・辺野古は勝てるよ!朗報 朗報

チャルマーズ・ジョンソンさんがまたやってくれました。 5月6日、ロサンゼルス・タイムス紙に掲載された「沖縄のもう1つの戦い」と題した論文のなかで、氏は普天間飛行場の移設問題について、地元での大規模な反対運動にもかかわらず、県内への新基地建設を推し...

とある集会での自民党スピーチ

普天間移設問題 「鳩山vs沖縄県民」をひたすら煽るテレビの無責任報道 * 皆さん、こんばんは。ようこそお集まり下さいました。民主党に政権を奪われてしばらく意気消沈していた我らが自民党ですが、報道機関が民主党の真実の姿を報道してくれるおかげで、化...

日本とアメリカ 基地をめぐる外交上の強みと弱み

米大使「鳩山は信用できない」 外交がご近所づきあいと違うのは、発言も行動もすべて計算ずくってところです。米大使の言葉は、「鳩山は強く叱りつければ言うことを聞く」と見られている証しです。ぎゃくに言えば、強く叱らないと言うことを聞かない相手である、つまり...

戦地からの手紙

日中戦争 憲兵の手紙424通公開 * 私は父親がずいぶん高齢になってからの子どもなので、戦地に何年も行った父をもつ人間は同世代にいませんでした。父は軍隊司法(軍法会議)におりました。憲兵ではなく、裁判所の書記官みたいなものです。 ときどき...